大阪市立大学工学部 F 棟ピロティ実験室増築工事

2020 -

上坂設計、YAP(山口陽登)と協働

 

限られた敷地の中に2つの実験室と2つの準備室を増築する必要に迫られ、既存校舎のピロティを横断するように「余地」を掻き集めて、本来なら有り得ない敷地を発見しました。限られた敷地の中で、貴重な中庭の開放感を失わないように建物は南側に寄せて視線の抜けを確保し、また必要な屋外の動線を確保するために建物を4つのヴォリュームに分けて、天井高の低いピロティには準備室を、ダクト配管のために十分な天井高が必要となる実験室はピロティ部を外して、全体として雁行するように配置しています。
2つの中庭を囲んで日の字型に配置された校舎群から見下ろされることに配慮して、屋根面を4つの外壁に次ぐ第5のファサードと位置付け、外壁面と一体のコールテン鋼板で仕上げています。コールテン表面の最終的な仕上げについては、錆促進剤の塗布も選択肢でしたが、検討結果何もせず、仮置きで生じた水溜りの跡や雨掛かりの有無も気にせず、信楽焼きのように偶然の表情を楽しむこととしました。

 

 

 

所在地 大阪府大阪市
用途 大学実験室
竣工年 2020年
延床面積 421m2
構造/規模 S造 / 地上1階

撮影:長谷川健太