苦楽園の増築

2003 -


以前設計を手がけた急斜面に建つ住宅のピロティ部分に、普段は愛犬の居場所であり、時にパーティールームともなる、仮設的なアウトドア・リビングのようなスペースを計画した。クライアントからの与件は、冬にはエアタイトが可能で、夏には風が通る一方で虫の侵入を防ぐことができ、そして中間期にはすべてがどこかに引き込まれて視界から消えてしまう、そんな魔法のような建具でピロティを囲うことであった。しかし現実の敷地は、急斜面ならではの露岩の張り出し、居間の大形サッシュのために設けられた戸袋、異なる投影面をもつピロティの天井と床(土間)、さらには隣地境界線が近接するなど複雑であり、結果的にこれらすべての条件に適応しながらしかも室内外を一枚の面で仕切るために、コノイド曲面を描く膜構造を採用することにした。テント膜とメッシュ膜によるスキンの複層化によって季節毎の細かな使用形態に対応することも可能である。さらにファスナーによって2枚の膜はそれぞれが(洋服のように)簡単に脱着が可能であり、開口部もファスナーによって軽く開け閉めすることができる。

所在地 兵庫県西宮市
用途 専用住宅
竣工年 2003年
延床面積 22m2
構造/規模 膜構造/地上1階部分