2000 -

「ヒ」という建物名称は、2枚のスラブと1枚の壁で構成されたヒの字型断面のRC躯体に因むものである。この住宅は既存敷地での建て替えであrが、スタラクチュアによって一般的な敷地を「宅地」という最大限利用可能なインフラストラクチュアにつくり直すことから、計画を始めた。「宅地」化にあたっては、様座mな環境条件のパラメーターの中から、特に次の3点にプライオリティを置いた。
1.ある特別な事情から、西側隣地との関係を建築的に遮断すること。
2.北側全面道路から既存庭への視線の抜けを確保すること。
3.旺盛に雑木が繁った既存庭もろとも、1階を中心とした生活を日当たりのよい2階に持ち上げること。
ヒの字型断面の人工地盤は、これらの要請に応えるインフラとして構想したものである。その人工地盤上に、木造平屋を上下2層に分けて載せることで住宅を構成している。人工地盤によって1、2階プランを独立的に計画することで、2階のメインのボリュームの軸を振った配置が可能になった。その結果、隣接するお兄さんの家と共有のオープンスペースをめぐる囲み配置や、お兄さんの家の日照や眺望に配慮した配置、アトリエの採光面として高さの必要な北側ファサードの圧迫感の低減などを実現している。ヒの字型のRC躯体のうち2階スラブは、実際に純粋なキャンティレバーではなく、スラブ先端でT鋼の柱6本が鉛直力を負担している。ただしT鋼は2本ずつ対にしてトレリス状のメッシュを架けることで、柱としての存在感を消去している。また木造部部は全てRC躯体への差し掛け構造であり、水平力はピン柱に乗った剛床のみによってRC壁に伝達される。木造部分には一切の耐震壁がなく、RC躯体が最終的にすべての水平力を負担している。こうしてタ耐震要素を徹底的に集約した結果、RC造としてはかなりのローコストに仕上がっている(坪単価73万円)。このようにRC壁は唯一の耐震壁であるが、同時に設備系を集約したサービス壁でもあり、また近接する西側隣家に対して防火壁、防音壁の機能をあわせ持つ。さらには心理的にも、垂直に立ち上がった地面のようなリライアブルな効果がある。結果的に、全てがヒの字型のRC躯体に対してパラサイトのような関係であり、「ヒ」というストラクチュア自体が敷地の持つ可能性(環境条件)を再定義している。

所在地 兵庫県神戸市
用途 専用住宅
竣工年 2000
延床面積 164m2
構造/規模 RC造、木造/地上2階